就職できる人と、できない人

就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

就職できる人とできない人の違い

世の中には就職できる人とできない人というのが確かに存在します。抜群に成績は良いのに面接ではまったくしゃべられなくなってしまう人や、反対に入社試験はいまいちであったが面接では人柄の良さがにじみ出ていて高評価をもらえる人もいます。
就職できる人というのは就活を始めてからそう日も経たないまますぐに内定が決まるケースが多いです。希望する企業に応募する前に自分というものを見つめ直し、企業研究や業界研究を行い積極的に情報収集を行える人は内定をもらえるのが早い傾向にあるのです。
これは目標を定めそこに向かって一直線に突き進む行動力にあふれており、少々の失敗や挫折にいつまでもとらわれないで済むことができます。そのため面接時でも物事を前向きにとらえることができるため企業側も魅力ある人に映るわけです。
反対にいつまでも就職が決まらない人というのは、やはり就活に励むスピードが遅いです。情報収集の取り組みや就活スケジュールが十分でないためいつまでたっても直接企業側に応募することができず、たとえ応募できたといしても準備が十分に整わないまま試験に臨まなければなりません。そのような場合志望動機や自己アピールの受け答えが不十分であるためどうしても評価が下がりがちになってしまいます。
またたとえ面接に落ちたとしても縁がなかったとあきらめるばかりでなぜ不合格であったのかを自己分析しない人はなかなか就職することはできません。面接で聞かれることはそれぞれの会社のなかで大きな違いはなく同じような質問が多くなっています。にもかかわらず振り返りが十分でないとまた同じ過ちをしてしまうことになりかねず結果も同一のものとなってしまいがちです。就職できるためにはいかに素早く就職活動に取りかかれるかがキーポイントになります。

就職したらまず人間関係を作り上げよう

社会人となる第一歩として就職活動は非常に重要な期間とも言えるでしょう。様々な企業と出会いチャンスでもあり、多くの企業の考え方や働く人と出会う機会でもあります。
そして実際に新卒社員として入社した後、最初仕事に慣れる事に精一杯かもしれません。しかしある程度仕事にも慣れて、余裕が出てきたら同じ同期との関係を深めてみましょう。同期は非常に重要な友人でもあり、会社の仲間です。企業の規模が大きくなればなる程同期の人数も多くなりますが、小規模企業であれば同期の人数は少ないかもしれません。
しかし、人数に関係無く同期との関係性を深める努力をしてみましょう。同期どの関係性を深める事で、社内の情報を手に入れる事が出来たり、時には切磋琢磨してモチベーション高める事が出来ます。
時には仕事に関する悩みを持つ事もありますが、その悩みを相談する相手としても同期は非常に効果的でしょう。時には友人として接する事もできれば、時にはライバルとして接する事が可能です。就職した後の社会人としての生活をより楽しく過ごすためにも、是非良い関係を築く様にしましょう。
そして同期以外にも先輩や取引き先との関係性も重視する様にしましょう。社会に出て働く上で、人間関係は良い効果をもたらす事もおおくなります。将来的に転職をする際に、相談に乗ってくれたり、時には仕事を紹介してくれる事もあるかもしれません。
人間関係から得られるメリットを大きく、人脈として将来的な関係性を築く事を目標としましょう。年齢を重ねる毎に人脈がどんどん増えていきますので、より深い人脈と関係性を増やしていくと良いでしょう。学生時代とは少し違う人間関係の構築と感じるかもしれませんが、将来に備えて社会人としての人脈を築いていきましょう。

就職するにはハローワークだけでは不十分

就職先を見つける方法は幾つかあります。最も一般的なものはハローワークで探す、二番目として情報誌で探す、更には転職サイトに登録する、知人に頼むという手段があります。
ハローワークは信頼性もあり、コストもかからないのですが、比較的地域が限定されていて、今住んでいるところの近くで就職できるという利点があるのですが、希望する職種に巡り合えない場合があります。又、ハローワークはその数が限られていて実際にその場所に行かねばならず、交通費など、金銭的、時間的制約があります。このため、以下の方法についても検討するのが必要です。
情報誌は地域ごと、職種ごとに記載されており、職を選ぶには便利ですが、希望先ごとに履歴書を作成し、送らねばならず、面接の交渉も自分で行う必要があります。職種は現場系のものが多いのが特徴です。
転職サイトはどちらかというと何らかの技術をもって就職しようとする人向けです。自分の能力を基準に就職先を選ぶことができ、数社に登録もでき、ネットで初めのやり取りができるのが便利です。書類も最初に作成しておけば、就職先ごとに作成する必要はなく、募集先との交渉も依頼できるので、離れた場所に住んでいる人には便利です。資料を作成する時には自分が何ができて、何をやってきたかを簡潔に書く事が必要です。
知人に頼むというのは案外有効で、知人は依頼者の人となりと、就職先の人物の人となりを知っているので、マッチングが上手くいくことが多いです。これはいい加減に紹介すると自分の評価が下がるので、紹介には十分に注意を払うからです。その為にも普段から自分の行動については自制する必要があります。このように就職先は幾つかあるので、状況に応じて活用しましょう。