就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

就職を行う際に仕分けされる学歴関西編

4年制大学や大学院を卒業する前に就職活動を行いますが、その際には書類選考における学歴の仕分けが行われています。行う理由としては、本来は全員と面接できればいいのですが応募者が非常に多くしきれないことが多いため、書類の段階で足切りを行うためです。目安としては、大企業と中小企業で異なってきます。大きい企業については、関西ですと産近甲龍もしくは関関同立であることが多いです。偏差値でいえば前者は50ちょっとより上、後者は55~65ぐらいで関西ではまあまあ賢い、というイメージです。京都大学、神戸大学、大阪大学などの国立大学についてはまったく心配する必要はありません。逆に、注目を受けることが可能です。業種的には、特に金融業界が学歴重視です。金融業界は社内でも学歴派閥があったり、リクルーター制度では大学の後輩を基本的に推薦します。その為基本的に学歴が良い、といわれるような大学でなければ金融の総合職は難しいでしょう。一般職の場合は女子大などでも入れます。中小企業ではFランク大学と呼ばれるような、偏差値40以下の大学では足切りをされます。どちらかというと実力主義なので、あまり学歴が良くなくても仕分けされることはありません。このように、就職活動を行う際には必ず学歴によって仕分けをされます。しかし、書類選考さえ通ってしまえば毎回面接になりますので学歴はあまり関係してきません。良ければプラスアルファーにはなりますが、あまり良くなかった場合でもそんなにマイナスにはなりません。ただし会社によっては(特にベンチャー企業などは)学歴はあまり重視しない傾向がありますので、とにかく志望する会社にはめげずにチャレンジすることが大切です。