就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

英語が得意なことをハローワークでアピールして就職

英語が得意な方だったら、それをハローワークでアピールして就職しましょう。英語を使う職業というと、通訳や翻訳を思い浮かべる方が多いと思います。外資系企業のことを考える人もいるかもしれません。それらの仕事もあるのですが、最近は意外な場所でも英語が必要になっています。例えば、外国人が多く来るレストランだったら、それが必要になります。完璧な会話はできなくても、お客さんとコミュニケーションできる程度に話すことができれば、採用の際に優遇されます。
英語の会話ができるのだったら、ハローワークで仕事を探す時に、そこで働いているスタッフに必ずその点を伝えるようにしましょう。外資系企業のようなところだったら、高度の英語力が求められます。例えば、TOEICで言えば、最低でも700点以上の点数が必要になります。しかし、多くの職場ではそれほど高度な能力は求められません。例えば、TOEICの点数が500点から600点程度でも構わない場合があります。自分の語学の力は大したことがないと思う必要はないのです。そんな風に考えるよりも、自分の能力を熱心にハロワークでアピールすることが、就職の成功につながります。
教える仕事でも英語は役立ちます。具体的な例としては、塾講師や家庭教師です。中学生に教える仕事だったら、それほど高度な力を持っていなくても、採用されるます。教える仕事の場合は、TOEICよりも英検が有効です。英検2級以上をお持ちの方は、それをハローワークのスタッフに話しましょう。ただし、他の科目も教えられたらさらに有利になります。例えば、国語を教えられたらさらに採用されやすくなります。教える仕事の場合は、学力試験があり、それで7割以上取ることが必要です。