就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

英語力もあれば、儲かる業界に就職しやすい

英語力もあれば、儲かる業界に就職しやすくなります。給与が高い仕事として有名なのは、商社や空運、海運、石油会社、外資系企業、経営コンサルタントなどになりますが、いずれも英語力もないとなかなか就職できません。英語力も必要ですが、難関大学の学生で、難関資格を持っていたり、ゼミやスポーツなどで素晴らしい成果を上げていることも大切です。このような仕事は誰もが認めるような優秀さが必要となるからです。英語が得意なだけで、他に取り柄がないような人は採用されません。
このような業界が儲かるのは、英語力が必要で、激しい競争にさらされていないからという側面もあります。しかし、それ以上に、優秀な社員が多いからだと考えた方が良いです。英語ができるから、優秀なのではなく、優秀だから、英語もできるのです。だから、英語以外の何かを持つことがとても大切です。皆が英会話はできるので、英会話ができても、ライバルに差をつけられないからです。また、英会話はできて当たり前ですが、それほど重要視はされていません。
国際的な業務はやりがいもあるし、かっこ良さもあるので、非常に高い人気があります。待遇も良いですから、皆が目指すし、憧れる仕事です。ステータスも高く、このような業界で働いていることは社会的な評価にもつながります。優秀さの証明にもなり、自他ともに認めるエリートになれます。
ただし、エリートとは言え、意外と泥臭い仕事も多いので、注意は必要です。世界を舞台に活躍すると言えば、華やかに聞こえますが、アフリカやインドなどの不衛生で危険で、無秩序な国の人々と交流したり、協力したりしなければならないこともあるからです。変なプライドは持たない方が良いです。