就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

2017年02月の記事一覧

就職活動で聞かれる、短所は自己PRに繋ぐのがマナー

就職活動は自分という商品を売り込む行為であり、わざわざ自分の商品価値を下げる言動をする必要はありません。
けれども、面接においては自分の短所を聞かれるケースが多く、いかにして上手く返答するかが問われます。
素直に自分の短所を述べるだけでは、面接官に不採用にする口実を与えるだけだから、就職活動で聞かれる自分の短所は必ず自己アピールにつなげるのがマナーです。
たとえば、かつてはすぐ諦めてしまうのが短所だったが、スポーツ経験を通じて粘り強い性格になったとすれば、面接官の質問に沿いつつも自己アピールになります。
友人同士の語らいと就職活動は違うので、まだ社会経験が浅い学生であるほどに、意識してビジネスマナーを習得しなければいけません。
その会社の利益となる人材が採用されることを忘れずに、どのような質問をされても志望動機や自己アピールにつなげて終わるべきです。
学生であれば就職課などの模擬面接に参加するのが有効ですし、既卒者であればハローワーク等の就職セミナーで話を聞きましょう。
会社がそれぞれ行っている短所に関する質問は、よくある失敗パターンを乗り越えた人間かどうかを見極めるためのものです。
せっかくコストをかけて採用した人材にすぐ辞められてしまっては、会社にとって大きな損失になってしまうので、面接において独自の基準で評価しています。
相性によって決まる部分もあるので、1社の結果だけで一喜一憂する必要はありませんが、評価されやすい回答を理解しているかどうかで差がつくのも事実です。
ビジネスマナーとして知っているだけで一定の効果があるのだから、予め自分の短所について考えておき、スラスラと返答できるように備えておく必要があります。

続きを読む