就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

2017年12月の記事一覧

WEB会議で仕事ができる会社に就職しよう

WEB会議で仕事の仕方が変わります。
WEB会議で仕事ができる会社であれば出勤形態や仕事時間の自由度が高く、在宅勤務も可能です。
WEB会議と同じような形式でTV会議がありますが、TV会議はデバイスが限られ、接続端末も決まった端末からしか接続ができません。
しかし、WEB会議はインターネットに接続ができるカメラ付きデバイスなら可能で、スマートフォンやタブレット、パソコン、インターネット接続が可能なテレビで可能です。
場所を選ばずに会議が可能なのがWEB会議です。

WEB会議で仕事ができる会社に就職すると、毎日出勤することが不要で、在宅勤務という形態を選択することが可能です。
自由度が非常に高く、時間に縛られることなく仕事をすることが可能です。
社内のコミュニケーションはもちろんのこと、客先の打ち合わせや商談もWEB会議で実行することができます。
こうした仕事の形態をテレワークと言い、このような形態で仕事を行う人をテレワーカーと呼びます。
インフラ環境が整備されている現在ではこのような働き方を導入している会社も増えてきています。

仕事の仕方改革でよく話題にあがるWEB会議ですが、いくつかの課題もあります。
時間に制限なく自由度が高いですが、インターネットに接続できる環境下でないと会議を行うことができない、公共の場での会議スペースの確保、自宅での空間など仕事をする側にとってのデメリットになることもあります。
しかし、柔軟な働き方ができるテレワーカーとして非常に注目されています。
就職説明会でもこうした内容が説明されることも増えており、WEB会議を利用した在宅勤務を中心に普及しつつあります。

WEB会議を導入している会社に就職したいと考えている人は、自由度の高い仕事の形態だけでなく、実際に働き方が変わることでコミュニケーションがデバイスを通じて行うことが中心になるので、実際に人と対面で話すのとは伝わりにくい部分もあります。
在宅勤務の自由度は非常にメリットがあり、仕事とプライベートを同じような空間で行うことができるのはストレス軽減にもなり、出勤、退社時の時間という制限もなくなります。
非常に自由度が高いWEB会議が導入されている会社に就職することを目標に活動している就職生も増えてきています。

このように、テレワーカーが増えている現在では場所や時間に制限なく自由に働くことができる空間が求められています。
今後、こうした働き方が増え、自由度の高い仕事を行うことで、効率が上がると期待されています。

続きを読む