就職できる人とできない人の画像

就職がしたい。就職したいがためだけにスーツも買った。就職したいがためだけにハローワークにも通った。でもなぜか、就職できない。なぜなのか。俺は他の人と、何が違うのか。

2017年07月の記事一覧

就職を行う際に仕分けされる学歴関西編

4年制大学や大学院を卒業する前に就職活動を行いますが、その際には書類選考における学歴の仕分けが行われています。行う理由としては、本来は全員と面接できればいいのですが応募者が非常に多くしきれないことが多いため、書類の段階で足切りを行うためです。目安としては、大企業と中小企業で異なってきます。大きい企業については、関西ですと産近甲龍もしくは関関同立であることが多いです。偏差値でいえば前者は50ちょっとより上、後者は55~65ぐらいで関西ではまあまあ賢い、というイメージです。京都大学、神戸大学、大阪大学などの国立大学についてはまったく心配する必要はありません。逆に、注目を受けることが可能です。業種的には、特に金融業界が学歴重視です。金融業界は社内でも学歴派閥があったり、リクルーター制度では大学の後輩を基本的に推薦します。その為基本的に学歴が良い、といわれるような大学でなければ金融の総合職は難しいでしょう。一般職の場合は女子大などでも入れます。中小企業ではFランク大学と呼ばれるような、偏差値40以下の大学では足切りをされます。どちらかというと実力主義なので、あまり学歴が良くなくても仕分けされることはありません。このように、就職活動を行う際には必ず学歴によって仕分けをされます。しかし、書類選考さえ通ってしまえば毎回面接になりますので学歴はあまり関係してきません。良ければプラスアルファーにはなりますが、あまり良くなかった場合でもそんなにマイナスにはなりません。ただし会社によっては(特にベンチャー企業などは)学歴はあまり重視しない傾向がありますので、とにかく志望する会社にはめげずにチャレンジすることが大切です。

続きを読む

コスメ業界に就職する際のテンプレート文について

女性は美容に興味がある人がとても多く、コスメ業界も就職活動の際非常に人気があります。その為競争率が高く、入りたくてもなかなか入ることが出来ない人も多いです。そんな人気の職種につく為、相手によく伝わる志望動機が必要になります。コスメ業界に就職する際に使える、テンプレート文ですが、何より自分の体験に基づいた志望動機が受け入れられやすいです。自分にはコンプレックスがあったが、メイクカウンターなどで受けた接客を通してコンプレックスを克服し、もっと自分の手でコスメを広めたいと思うようになった、というようなものです。基本はこのような志望動機を元に、実際の体験を肉づけしていきましょう。自分なれではの個性が入った文章にしておくことが大事です。この人なら責任を持って、もしくはやりがいを感じてコスメ販売をすることが出来そう、と思わせることがポイントになります。また、なぜ自分がコスメを広めたいのかということも具体的に説明しましょう。コスメが好きだから、コンプレックスを克服できたからというだけではなく、こういう人に広めたいという目的を明確にしましょう。勿論ここで考えた目的は実際にコスメ販売員として働くようになった際とても役立ちます。販売員は毎日の売上ノルマが少し厳しい部分がありますが、自分の好きなコスメブランドで働くことが出来た際にはとてもやりがいがあります。自分が実際に入社したときのことを詳細にシュミレーションしてみて、志望動機を考えて見ましょう。ただし、テンプレートとして自分自身のメイクカウンターでの経験を、入れ込むことは必須になります。しっかりと準備をして、就職活動を賢く勝ち抜いていきましょう。

続きを読む

英語が得意なことをハローワークでアピールして就職

英語が得意な方だったら、それをハローワークでアピールして就職しましょう。英語を使う職業というと、通訳や翻訳を思い浮かべる方が多いと思います。外資系企業のことを考える人もいるかもしれません。それらの仕事もあるのですが、最近は意外な場所でも英語が必要になっています。例えば、外国人が多く来るレストランだったら、それが必要になります。完璧な会話はできなくても、お客さんとコミュニケーションできる程度に話すことができれば、採用の際に優遇されます。
英語の会話ができるのだったら、ハローワークで仕事を探す時に、そこで働いているスタッフに必ずその点を伝えるようにしましょう。外資系企業のようなところだったら、高度の英語力が求められます。例えば、TOEICで言えば、最低でも700点以上の点数が必要になります。しかし、多くの職場ではそれほど高度な能力は求められません。例えば、TOEICの点数が500点から600点程度でも構わない場合があります。自分の語学の力は大したことがないと思う必要はないのです。そんな風に考えるよりも、自分の能力を熱心にハロワークでアピールすることが、就職の成功につながります。
教える仕事でも英語は役立ちます。具体的な例としては、塾講師や家庭教師です。中学生に教える仕事だったら、それほど高度な力を持っていなくても、採用されるます。教える仕事の場合は、TOEICよりも英検が有効です。英検2級以上をお持ちの方は、それをハローワークのスタッフに話しましょう。ただし、他の科目も教えられたらさらに有利になります。例えば、国語を教えられたらさらに採用されやすくなります。教える仕事の場合は、学力試験があり、それで7割以上取ることが必要です。

続きを読む

心配性の方は家庭教師に就職できるか

心配性の方は意外に多くいます。起こってないことを気にして、心が不安になったりします。このような性格はストレスを溜めこみやすくなるので、改善した方が良いです。家庭教師に就職する時にも、マイナスになる恐れがあります。ただし、優しさからくる心配性だったら、それほど悪いとは言えません。子供のことを心配するのは、家庭教師として当然です。自分が教えることになった子供の体調や成績を気にしない先生はいません。そのような家庭教師だったら、父兄に良い印象を与えることができます。
家庭教師の仕事で大切なことは、教える技術と人間性です。この2つのどちらかが欠けていたら、この仕事をすることはできません。教える技術は、難しいことを分かりやすい言葉でつたえる技術です。学校の勉強は中学生になったら、次第に難しくなります。数学や英語は高度な内容を持つようになります。しかし、難しいことを難しい言葉で教えていたら、生徒は理解できないことが多いです。難しいことを、シンプルな言葉で丁寧に教えることが必要になります。
人間性は教える技術よりもさらに大切です。特に子供を信頼できることと、子供のことを第一に考えられることが必要になります。勉強のできない子供だったら、何度丁寧に教えても先生の言うことを理解できない場合があります。そんな時でも子供の能力を信じて、教え続けることができなければ、家庭教師として失格です。子供のことを第一に考える態度は、子供の心配をすることにつながります。子供のためを考えて、子供のためになる行動を取るのが、本当の家庭教師です。子供が病気になったら、健康状態を心配して、心中で回復を祈る人間性を持たないと、この仕事はできません。

続きを読む

就職活動で聞かれる、短所は自己PRに繋ぐのがマナー

就職活動は自分という商品を売り込む行為であり、わざわざ自分の商品価値を下げる言動をする必要はありません。
けれども、面接においては自分の短所を聞かれるケースが多く、いかにして上手く返答するかが問われます。
素直に自分の短所を述べるだけでは、面接官に不採用にする口実を与えるだけだから、就職活動で聞かれる自分の短所は必ず自己アピールにつなげるのがマナーです。
たとえば、かつてはすぐ諦めてしまうのが短所だったが、スポーツ経験を通じて粘り強い性格になったとすれば、面接官の質問に沿いつつも自己アピールになります。
友人同士の語らいと就職活動は違うので、まだ社会経験が浅い学生であるほどに、意識してビジネスマナーを習得しなければいけません。
その会社の利益となる人材が採用されることを忘れずに、どのような質問をされても志望動機や自己アピールにつなげて終わるべきです。
学生であれば就職課などの模擬面接に参加するのが有効ですし、既卒者であればハローワーク等の就職セミナーで話を聞きましょう。
会社がそれぞれ行っている短所に関する質問は、よくある失敗パターンを乗り越えた人間かどうかを見極めるためのものです。
せっかくコストをかけて採用した人材にすぐ辞められてしまっては、会社にとって大きな損失になってしまうので、面接において独自の基準で評価しています。
相性によって決まる部分もあるので、1社の結果だけで一喜一憂する必要はありませんが、評価されやすい回答を理解しているかどうかで差がつくのも事実です。
ビジネスマナーとして知っているだけで一定の効果があるのだから、予め自分の短所について考えておき、スラスラと返答できるように備えておく必要があります。

続きを読む

英語力もあれば、儲かる業界に就職しやすい

英語力もあれば、儲かる業界に就職しやすくなります。給与が高い仕事として有名なのは、商社や空運、海運、石油会社、外資系企業、経営コンサルタントなどになりますが、いずれも英語力もないとなかなか就職できません。英語力も必要ですが、難関大学の学生で、難関資格を持っていたり、ゼミやスポーツなどで素晴らしい成果を上げていることも大切です。このような仕事は誰もが認めるような優秀さが必要となるからです。英語が得意なだけで、他に取り柄がないような人は採用されません。
このような業界が儲かるのは、英語力が必要で、激しい競争にさらされていないからという側面もあります。しかし、それ以上に、優秀な社員が多いからだと考えた方が良いです。英語ができるから、優秀なのではなく、優秀だから、英語もできるのです。だから、英語以外の何かを持つことがとても大切です。皆が英会話はできるので、英会話ができても、ライバルに差をつけられないからです。また、英会話はできて当たり前ですが、それほど重要視はされていません。
国際的な業務はやりがいもあるし、かっこ良さもあるので、非常に高い人気があります。待遇も良いですから、皆が目指すし、憧れる仕事です。ステータスも高く、このような業界で働いていることは社会的な評価にもつながります。優秀さの証明にもなり、自他ともに認めるエリートになれます。
ただし、エリートとは言え、意外と泥臭い仕事も多いので、注意は必要です。世界を舞台に活躍すると言えば、華やかに聞こえますが、アフリカやインドなどの不衛生で危険で、無秩序な国の人々と交流したり、協力したりしなければならないこともあるからです。変なプライドは持たない方が良いです。

続きを読む

セレブな会社に就職できる人とできない人の比較

セレブな会社に就職できる人とできない人の違いは家がお金持ちとか、親の肩書がすごいとかいう理由ではありません。古くはその様な会社も多かったものですが、バブル崩壊後生き残っている会社の多くは見た目はセレブでも中の経営体制や企業風土はしっかりとしており、企業としても高い実力を持っている会社が殆どです。
そのため、求人を行う場合も人物本位で採用不採用を決めていることが多く、家がお金持ちとか、親の肩書がすごいからというだけの理由で採用することは余りなくなっています。
バブル時代は多くの企業でその人的ネットワークを広げるために、お金持ちや財界の権力者の子供などを採用する傾向が有りました。しかし、バブル崩壊と同時にそのような人の多くが権力や財力を失い、同時にその様な権力や財力に頼ってきた企業の多くも倒産してしまい、堅実な経営を行ってきた企業だけが生き残った経緯があります。その為、見た目はセレブな会社であっても、採用する社員としては能力が高く、自立心の強い人を求める傾向が有るのです。
そのため、セレブな会社に就職できる人とできない人の違いは一般の企業に就職できる人とできない人の違いと余り変わりません。優一比較できるとすれば、より高い学歴を『持っているかどうかという点です。残念ながら優秀な大学を出ている人ほどセレブな会社に対しての第一印象は良く、より高い就職率となっています。しかし、その大学を卒業したなりの実力が備わっていることが前提で、たとえ優秀な大学を卒業していても適性が備わっていなかったり、真面目さが感じられない人は採用されることは少ないものです。セレブな会社に就職するためには、真摯に仕事に取り組む姿勢が有ることが重要です。

続きを読む